百貨繚乱

記事一覧

2018.02.08|ライフスタイル 文房具専門店こだわりのオリジナルボールペン

暦の上ではもう春。これを機に、こだわりの筆記具で新生活をスタートさせたい。トキハ本店6F文具売り場で取り扱う「ROMEO №3 ボールペン」は大正時代、文房具専門店、伊東屋のオリジナル筆記ブランドとして誕生した【ROMEO】の復刻版。ペンの重量、握りやすいグリップなど、「書くこと」を追求したことで、長時間の筆記でも疲れず、最高の書き味を実感できる。時計のリューズをモチーフにした天冠には、同品とともに大切な時間を過ごしてほしいという思いも込められている。いいモノには語りたいワケがある。

もっと見る
2017.12.21|ライフスタイル 新年の祝いの席で用いる縁起箸

12月も下旬に差し掛かり、慌しさが本格化してきた。年初めの祝いの席こそ、日本に古くから伝わる風習をあらためて大切にしたい。この時季になると、トキハ本店和陶器売り場で取り扱う祝い箸を買い求める人が増えてきた。長さは八寸(約24cm)、末広がりの縁起を担いでいる。同品の両先端が細くなっているのは、一方は神様が、もう一方は人が使うためとされ、「神人共食」を意味する。使用する木は丈夫で折れにくく、春一番に芽吹くことでめでたいとされる柳が用いられる。いいモノには語りたいワケがある。

もっと見る
2017.11.16|ライフスタイル 毛筆に近い書き味を楽しめる万年筆型筆ペン

2017年も残すところ2カ月ばかり。そろそろ新年の準備を始める時季にもなってきた。年初めのあいさつに手書きの便りを出すと、今時分はより一層、思いが伝わるのではないだろうか。トキハ本店6階文具売り場で取り扱う、くれ竹の「万年毛筆 夢銀河」は、穂先にイタチの毛を使用した本格的な万年筆型の筆ペン。毛筆に近い書き味を楽しめるほか、使うほどに手になじみ、携帯に便利なデザインなど、細部にわたってこだわりが光る。あらためて文字を書く喜びを感じさせてくれる一品だ。いいモノには語りたいワケがある。

もっと見る
2017.09.07|ライフスタイル やわらかな肌触りと軽さで肌も喜ぶマシュマロガーゼ

日々の生活の中で、大半を占める睡眠時間。その時間を有意義なものにして、翌日の活力を養いたい。トキハ本店5階ウチノバスデザインズの「マシュマロガーゼパジャマ」は、1年を通じて快適な眠りをサポートしてくれる。ウチノ独自の技術で軽くてやわらかな撚りの少ない糸と強度の高い糸を組み合わせて3重に織り上げたマシュマロガーゼは、これまでにないやわらかさを実現。肌にも心地よい。また、吸湿・吸水性、通気性、保温性といった快眠に必要な性能もバランスよく備えている。いいモノには語りたいワケがある。

もっと見る
2017.04.20|ライフスタイル 光と水で、歯を磨く。驚くほどツルツルに

「全身の健康は歯の健康から」と言われるほど、口腔ケアは注目されている健康法の一つ。口は体内に食べ物を取り入れるための通り道なので、清潔に保つことが重要だ。トキハ本店地下2階、コダマ健康食品で取り扱う「ソラデーN2」は世界15カ国で特許を取得した、日本製の高機能歯ブラシ。半導体の持つ「光触媒作用」とソーラーパネルの「マイナス電子」によりツルツルの歯を実現する。同店では購入者に専用ケースを進呈。水さえあれば、どこでも歯磨きが出来ると好評だ。いいモノには語りたいワケがある。

もっと見る