デパ地下のゆうわく

鯛のお吸い藻の

2018.03.14 up

佐賀関の名産品、クロメ。農山漁村文化協会が認証する「故郷に残したい食材」にも選ばれた、大分を代表する食材だ。
佐賀関の関崎・高島周辺は、潮流が速く水がきれいなため、良質なクロメが育つ。旬は新芽が伸びる1~3月とされ、毎年漁の解禁とともに昔ながらの漁法で収穫される。約2カ月という短い旬を終えても、年間を通じて味わえる加工品も生クロメ同様、人気だ。
トキハ本店地下2階、大分ふるさとの味売り場で取り扱う「鯛のお吸い藻の」もその一つ。天日で乾燥させたクロメと大分県産のミツバ、佐賀関の一本釣りのタイのそぼろを最中に詰めている。お湯を注ぐだけで、手軽に楽しめる。

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE