デパ地下のゆうわく

桃泉果

2017.07.12 up

和菓子は古来、さまざまな文化の影響を受けながら発展を遂げてきた。
そこには先人たちの創意や素材の持つ奥深い味を引き出す熟練の技も受け継がれている。
また、その時代に合わせた新しい和菓子も作られており、その一つに挙げられるのが果実菓子だ。
トキハ本店地下1階宗家 源 吉兆庵で取り扱う「桃泉果」は、旬を迎えた白桃をまるごと一つ贅沢に使った果実菓子。
自然が育てた果実の形そのままを和菓子に仕立てている。
食べると白桃のやわらかな甘みと香り、果汁が口いっぱいに広がる。
日本の四季を感じながら、歴史と文化、現代の感性が凝縮された美しい和菓子をじっくりと味わいたい。

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE