デパ地下のゆうわく

わらび餅

2017.06.14 up

6月16日は和菓子の日。
厄除けと招福を願う「嘉祥(かじょう)」という行事にちなみ、1979(昭和54)年に
全国和菓子協会が制定した。
四季との関わりが深く、その季節に合わせて作られる和菓子は、くつろぎのひとときに花を添えてくれる。
今時分は、のど越しのなめらかさと見た目からも涼を感じさせるわらび餅がおすすめだ。
トキハ本店地下2階但馬屋老舗では、本わらび粉を丁寧に練り上げた生地の中に
看板銘菓「三笠野」と同じ自家製のこしあんを包んだわらび餅が毎年人気を博している。
昔ながらの製法にこだわり、京都から取り寄せたきな粉をまぶした一品はやさしい甘さで、
抹茶や緑茶はもちろんコーヒーにもよく合う。

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE