デパ地下のゆうわく

デパ地下のゆうわく

2017.07.26 黒毛和牛ロースレモンステーキ
税込み 1,728円1枚(約100g) =50枚限定

に(2)く(9)の語呂合わせから、毎月29日は「肉の日」。都道府県食肉消費者対策協議会が制定した。トキハ本店地下1階の各店舗では、毎月のこの日にちなみ「肉の日限定特別企画」を実施している。対象店舗の精肉店の一つ「肉処 きしもと」では、人気の黒毛和牛ステーキやスライス肉などがお買得の「肉の日セール」を開催している。この日ばかりは上質な肉が特別価格で買えるということで、ショーケースの前には多くの客が列を連ねる。会話をしながら好きな量だけ買えるのもうれしい。対面販売ならではの楽しさだ。梅雨も明け、暑い夏の到来。スタミナ食の肉を食べて、元気に過ごしたい。

もっと見る
2017.07.19 うなぎ蒲焼
税込み 1,680円から

今年も暑い夏がやってきた。夏バテ予防に滋養力のあるものを取り入れて備えていきたい。真っ先に思い浮かぶ食材はウナギ、という人も多いのではないだろうか。今年の土用丑の日は7月25日と、二の丑の8月6日の2回。夏の土用(立秋前のおよそ18日間)の期間中、丑の日にウナギを食べるのは、いまや夏の風物詩でもある。トキハ本店地下1階「うなぎ本田や」では、養殖ウナギの産地、鹿児島県大隅産のウナギを使用。秘伝のタレに何度もくぐらせながら、店頭で丁寧に焼き上げている。ウナギにはビタミンAが多く含まれ、免疫力を高める効果があるとされる。栄養価が高くおいしいとなれば、やはり外せない。

もっと見る
2017.07.12 桃泉果
税込み 1,350円1個

和菓子は古来、さまざまな文化の影響を受けながら発展を遂げてきた。そこには先人たちの創意や素材の持つ奥深い味を引き出す熟練の技も受け継がれている。また、その時代に合わせた新しい和菓子も作られており、その一つに挙げられるのが果実菓子だ。トキハ本店地下1階宗家 源 吉兆庵で取り扱う「桃泉果」は、旬を迎えた白桃をまるごと一つ贅沢に使った果実菓子。自然が育てた果実の形そのままを和菓子に仕立てている。食べると白桃のやわらかな甘みと香り、果汁が口いっぱいに広がる。日本の四季を感じながら、歴史と文化、現代の感性が凝縮された美しい和菓子をじっくりと味わいたい。

もっと見る
2017.07.05 白ねぎ醤油
税込み 700円100g

大分県では、自然豊かな大地から生まれる農林水産物がより多くの人に愛されるよう、「The・おおいた」のブランド化に取り組んでいる。白ねぎもその一つで、西日本1位の産地となっている。トキハ本店地下2階「大分ふるさとの味」売り場では、大分が誇る白ねぎを使った、方寸(大分市)の「白ねぎ醤油」を取り扱っている。県産の白ねぎのみずみずしさとやわらかな甘みを生かすため、辛すぎず旨みのたっぷり詰まった醤油を使用。材料にもこだわった一品だ。シャキシャキとした心地よい食感がクセになる。ご飯のお供にも、万能調味料としても活用できる。シンプルでありながら奥深い、大分の味を楽しみたい。

もっと見る

アーカイブARCHIVE