デパ地下のゆうわく

デパ地下のゆうわく

2017.01.25 ぶっかけ鶏丼定食
税込み 756円1人前

トキハ本店地下2階「イートイン『暖欒(だんらん)』」に1月26日、宇佐市の飲食店「うっかり八兵衛」が特別出店する。同日から「ふるさとの味コーナー」で開催する「OITAカチある宇佐ブランドフェア」の協賛として企画した。1月29日まで。メインの丼には宇佐市6次産品開発事業で作られた商品「鶏珍味 ぶっかけ鶏」を使用。炭火で焼いた鶏肉を薄く切り、秘伝のタレに漬け込んでいる。タレと温泉卵が絡み合い、口に運ぶと次のひと口がまた欲しくなる。1日30食限定。定食には豚肉と豆腐の小鍋、小鉢、海産物の漬物、デザートが付いている。バイヤーの安部武洋さんは「店名と同様に価格を“うっかり”安く設定している。この機会に宇佐市の取り組みや産品を多くの人に知ってもらいたい」と話している。

もっと見る
2017.01.22 キタノセレクション レトルトおでん
税込み 711円1袋

1月20日は二十四節気の一つ、「大寒」。一年のうちで最も寒い日とされる。こんな日に食べたくなるのが「おでん」だ。トキハ本店地下1階「北野エース」で取り扱う「キタノセレクションのレトルトおでん」がこの冬、好評を博している。「キタノセレクション」とは北野エースのバイヤーが国内や海外のおいしい食品を厳選、開発したオリジナル商品。「レトルトおでん」は、愛知県の三河おでんを採用している。しっかり効いたカツオだしに、ダイコン、ゆで卵、こんにゃく、ちくわ、さつま揚げ、揚げボール、昆布の7種類の具材。ダイコンとゆで卵は3個ずつ入っている。熱湯に5~6分、袋のまま温めるだけで、本格おでんが手軽に楽しめる。常温保存できる点もいい。

もっと見る
2017.01.12 あんコーヒー
税込み 450円1杯

1月11日は鏡開き。鏡開きには小豆が入った「ぜんざい」を食べる風習がある。小豆は古くから邪気を払うと伝えられ珍重されてきた。日本の伝統的スイーツとも言えるのが、小豆で作る「あんこ」。この「あんこ」を入れたコーヒーは、意外な相性の良さが話題となっている。トキハ本店地下1階で軒を並べるキヘイカフェのコーヒーと、毎度焼きのあんこを掛け合わせたのが「あんコーヒー」。その味についてバイヤーの山田孝之介さんは「コーヒーのコクと自家製あんこのほのかな甘みが引き立て合い、やさしい味わい。ぜひ試して欲しい」と話している。キヘイカフェ店内で1月末まで提供している。

もっと見る

アーカイブARCHIVE